物語の中のお洋服

大学生になって演劇のサークルに入ったのは演劇の衣裳を作ってみたかったからです。

お洋服は好きですが、単なる服以上に、演劇や映画などの「衣裳」というものが好きです。
中でも普段には到底着れないような、現実離れした衣裳が特に好きです。より物語の中の服らしく感じられるので。

今度の新公の衣裳も、現実離れとまではいかなくてもちょっと浮世離れした衣裳がいくつかあるので大変楽しいです。
ご観劇の際はぜひ衣裳にも少し目を向けてみて下さい!


衣裳・小道具 原


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

 

広告を非表示にする