きっかけ。


演劇を始めた理由として、それらしいものを私は持ち合わせていません。
私たちの学校では、文化祭のクラスの出し物で演劇をするのが通例だったからです。

そこで、演劇を続けた理由を考えてみました。
すると、劇団綺畸に入団した理由は容易に話せるけれど、そもそも演劇を大学でも続けようと思った理由はうまく説明できません。

でも、

惰性で続けたのか何なのか、わからないけれど、今こうして演劇を純粋に楽しんでいることは確かです。
演劇そのものが、私に演劇を続けさせるきっかけとなったのかもしれません。

ともに演劇を楽しんだ高校同期の中で、大学生になっても続けているのが(聞いた限り)私だけなのは少し悲しいことです。

誰かにとっての、演劇を始める理由・演劇を続けるきっかけになれればいいなぁ、なんて夢みたいなことを思ったり。


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

広告を非表示にする