捨てられない


今回のブログテーマでもある「子供の頃に好きだった本」といえば。
『うさぎのくれたバレエシューズ』という南塚直子さんの描かれた絵本が忘れられません。

バレエを5年習っているのにどうしても上手くならない女の子の元にある日、うさぎの靴屋からバレエシューズが届き、そのお礼に一緒にうさぎバレエ団の30名(30匹?)に渡すバレエシューズを作ってあげて、その出来上がったシューズを履いたうさぎバレエ団と一緒に貰った不思議なバレエシューズを履いて踊ると、なんとくるくる花びらのように踊れるようになり、現実に帰ってから裸足になっても、その不思議なバレエシューズの力は借りていないのに上手に踊れるようになっていました、といったお話で、幼い私はとても感動しました。

絵も温かみが感じられてとても素敵で、今読んでもドキドキしてしまいます。

バレエを習いたい、習いたい、と毎日思ったあの頃を思い出します。

まあ、結局バレエは習わずにピアノを習い始めたんですけど。

あの時バレエを習っていたら、もしかしたら違う今があったのかもしれないな、と時々思います。

そう思うと、このボロボロの絵本がどうしても捨てられないんですよね。

 

小島

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

広告を非表示にする