読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just because.


演劇経験がないと言うと、必ずと言っていいほど何故綺畸に入ったのか訊かれます。
綺畸入団までは演劇と無縁すぎる人生を歩んできました。
演劇のえの字もわからないし、観劇も他劇の公演が初体験。
では、何故演劇を始めたのか。
正直な話、自分でもわかりません。
おそらく漠然とかっこいいとか、やったことないことに挑戦してみたいとか、興味があったとかだったんだと思います。
高尚な理由がなくてすみません。
高い志を持って演劇をされている方に刺されないか、書きながら冷や冷やしてます。
でも、あえて言わせてください。
理由なんてどうでもいいじゃないですか。
やってみて、楽しかったら、万々歳。
何事も初めは誰しも未知の世界です。
最初から明確な理由があった人なんているのでしょうか?
何かのきっかけで出会い、興味を持つものだと思います。
私にとってのきっかけが綺畸で、これから演劇と関わる理由ができていくんだと思います。


宣伝美術 濵崎久美


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

広告を非表示にする