読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私ね、彼氏いるの。妻子持ちの。


こんな事を言うと、何なめたこと言ってんだよ、と思われそうですが、

昔から、演じることが、好きでした。


トイレとお風呂をステージに、一人芝居を延々と演じていました。演じている間は、何にでもなれた。自分のなりたいもの、何にだってなれたんです。


今、私は、トイレでもお風呂でもなく、舞台に立っています。
演劇を始めた理由。明確なものはありませんが、ひとつ確かなことは、トイレとお風呂の延長上に、舞台に立っているこの私があるってことです。

今でも時々、トイレの鏡の前で幾度となく繰り返した、あの頃一番好きだったセリフを思い出します。


役者、小道具 笹原花

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海 演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰