読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくある話をします。

昔、こんな絵本を読みました―

 

幼い頃からずっと一緒にいた、犬と猫の兄弟がいました。

兄弟とはいっても勿論同じ腹から出てきた兄弟ではなく、二匹がまだ生まれて間もない頃に、飼い主がペットショップから買ってきたものです。

 

二匹は食べるものが違い、遊び方の好みも少し違ったので、喧嘩することもなく、幸せにすくすくと育ちました。

 

そんなある日、二匹は、気がつくと、暗闇の中にいました。

遠くに光が見える。

犬がそちらの方に駆け込むと、急に視界が開けて、そこは何の変鉄もない外の世界でした。

猫が遅れて犬の元にやってきます。

 

そこは、今まで家の中で飼われていた二匹には全く関わったことのない世界でした。

その強い光、と共に存在する暗い影。陰は、少し、ひんやりとしていました。どこかから、水の音が聞こえる。床は、少しゴツゴツとしていましたが、それはまるで遊具のよう。

 

犬ははしゃぎ回ります。

猫は何も言わずに、それをじっと見つめていました。

 

すると、突然、犬の姿が消えました。

猫は、ほんの少しの間、息を止めました。

 

どこかから、水の音が聞こえる。

床は、少しゴツゴツとしていましたが、それはまるで遊具のよう。

 

猫は、しばらくそこに立ち尽くしていました。

しかし、しばらくすると、猫は何も言わずに、反対方向に、歩き始めました。

 

少し、猫は、おぼつかない、足取りでしたとさ。

 

ーーーーー

 

という、

 

これは、

 

これは、全部妄想です。

 

こんな、人が、演出をやっています。

 

よかったら。

 

「新人公演だからこんなもんか」なんて、

 

言わせないです。

 

演出・野口瑞貴

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

劇団綺畸2016年度新人公演

 

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

 

作 中石海    演出 野口瑞貴

 

3/18(土) 19:00

 

19(日) 14:00/19:00

 

駒場小空間

 

全席自由席

 

予約不要・カンパ制

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰