読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演劇との出会い


私が演劇を始めたのは、高校1年のときです。

中学の時に部活で色々ありすぎて、高校では

絶対中学とは違う部活に入ろうと思い、

考えてたどり着いたのが演劇部でした。

部員数4,5人の小規模な部活でしたが、雰囲

気もよく、「演劇部いいかも」と、初めは軽

いノリでした。でも、初めて体験入部で台本

(確かシンデレラのパロディでした)を読んだ

時、自分以外の誰かになるという感覚が凄く

楽しくて、気持ちよくて。(その時の役はめ

っちゃ腹黒いシンデレラでした)「もっと演

技をしてみたい!」……これが、私が演劇を

始めた理由です。今は逆に、スタッフとして

舞台を作る面白さに夢中なやつです。まあ、

いずれまたお芝居をしたいなぁともおもって

ますが、今は目の前の役割を全うして、新公

を成功させることを第1に頑張っていこうと

思います。


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

広告を非表示にする

ぱにゃにゃん


今回は、演劇を始めた理由 というテーマです。

私にとって演劇は未知の世界でした。
中学にも高校にも演劇部がなかった上に、地方に住んでいて有名な劇団の公演を観に行く機会もなかったので、私にとって演劇という分野はすごく遠い存在でした。
だから逆に興味が湧いたのかもしれないです。

でも、一番の理由は新歓が楽しかったことにあると思います。

こんな感じで、入団時にそこまで高い志を持っていた訳ではないのですが、約1年経った今、今回の新人公演で同期のみんなと一緒にいいものをつくりたいという思いはみんなに負けないくらい持っていると思います。

新人公演、ぜひ観にいらしてください!

音響1年 豊嶋


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

広告を非表示にする

おおのりお!あなたはどうしてのりおなの?


こんにちは、のりおことほりぞのりおです。
ほりぞのりおっていう名前なので、のりおと呼ばれています!笑

私、ロミオとジュリエットがめっちゃ好きなんです。
きっかけは中学校の時、テレビで初めて羽生結弦選手の演技をみたときです。
その演技のテーマがロミオとジュリエット

それはもう衝撃でした。
だって、めちゃめちゃかっこよすぎる!!!
こんなかっこよくて美しい人みたことがない!!
ところでロミオとジュリエットとは??とりあえず、羽生くんが繰り返し観たという映画を観ねば!と、手を出したのが、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ロミオ+ジュリエット」でした。

これもまた衝撃。
だってロミオ役のディカプリオがくそかっこよすぎる。
この人は天からの一般庶民への贈り物なのでは、、、神様ありがとー!!と当時本気で思いました。

そんなこんなで、私が大昔に作られた別のバージョンの映画をみたり、ロミオとジュリエットの文庫本に手を出しているうちに、羽生選手はソチオリンピックで金メダルを獲り(これまたロミジュリ!)、ディカプリオはめでたくアカデミー賞を受賞しました。(すっかりおっちゃんになったけどね)

そして私は、羽生選手、ディカプリオ、ロミオとジュリエットにハマるうちに、演劇をやってみたくなったのです。

そんな訳で、私は今、劇団綺畸にいます。
情けないくらいに面食いな自分が嫌になるときはあるけれど、そのおかげで演劇と劇団綺畸に出会えたんだから、まあいっか!笑

制作・小道具 1年 堀苑理緒


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

物語の中のお洋服

大学生になって演劇のサークルに入ったのは演劇の衣裳を作ってみたかったからです。

お洋服は好きですが、単なる服以上に、演劇や映画などの「衣裳」というものが好きです。
中でも普段には到底着れないような、現実離れした衣裳が特に好きです。より物語の中の服らしく感じられるので。

今度の新公の衣裳も、現実離れとまではいかなくてもちょっと浮世離れした衣裳がいくつかあるので大変楽しいです。
ご観劇の際はぜひ衣裳にも少し目を向けてみて下さい!


衣裳・小道具 原


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

 

広告を非表示にする

きっかけ。


演劇を始めた理由として、それらしいものを私は持ち合わせていません。
私たちの学校では、文化祭のクラスの出し物で演劇をするのが通例だったからです。

そこで、演劇を続けた理由を考えてみました。
すると、劇団綺畸に入団した理由は容易に話せるけれど、そもそも演劇を大学でも続けようと思った理由はうまく説明できません。

でも、

惰性で続けたのか何なのか、わからないけれど、今こうして演劇を純粋に楽しんでいることは確かです。
演劇そのものが、私に演劇を続けさせるきっかけとなったのかもしれません。

ともに演劇を楽しんだ高校同期の中で、大学生になっても続けているのが(聞いた限り)私だけなのは少し悲しいことです。

誰かにとっての、演劇を始める理由・演劇を続けるきっかけになれればいいなぁ、なんて夢みたいなことを思ったり。


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

広告を非表示にする

なんとなく


演劇を始めた理由。
いろいろとこじつけてはみようとしたのですが、どうもしっくりきません。

特別演劇が好きだったわけではありません。
なんとなく高校の演劇部を見学して、なんとなく楽しそうだなと思って、なんとなく入部して。
深い理由なんてありません。「なんとなく」という言葉が一番しっくりきてしまうくらいには。

ちょっとした縁と、少しの勇気と好奇心。
新しいことを始めるのに必要なのってそれくらいです。
私にとってはそれが偶然演劇だったというだけで。

それでも、高校生が「なんとなく」で始めたことに大学に入っても関われているのは、飽き性な私にしてはすごいことです。

はじまりはなんとなくだったけど、今では演劇、結構好きなんです。


宣伝美術 伊藤彩乃


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

広告を非表示にする

消える光をずつと見る


演劇は、舞台上で起こることは、起こったそばから消えてゆく。そして舞台も公演が終われば材木に戻る。ぜんぶ消えてしまうものが限られた回数だけ外に開かれる。だから観に行くような、そんな気がする。

文芸をしている。書かれたものは読み返すことでじわじわと染み込むものだと思っていた。それはそれで好きだった。けれど同時に鮮烈なものに憧れる気持ちがあった。ことばとからだを使う一度きりの表現のことがいつも気になっていた。一時期寺山修司が好きだったことや、平田オリザの本や中村勘三郎の追悼本を読んだことも関係あるのかもしれない。

上京してから、演劇のことが気になりつつ、大学では俳句をやると決めてそれに関わることを意識的に避け続けていた。7月。誘われてままごとの「わが星」を見に行った。衝撃だった。演劇に作り手として関わりたいという気持ちが芽生えたものの、現状俳句で精一杯なのでこのまま関わることはないだろうと思っていた。

2月。ひとつの転機。 文三劇場ならできるかもしれないと思った。そこで劇が作られるまでの段取りを知りたかった。折りよく募集をかけていたESSの新人公演の座組に入った。

4月。台本から作る劇に関わりたいと思う最中。俳句会の新歓でサークルオリエンテーションに来ていた。知り合いがいたなと思い、綺畸のブースを覗く。魔が差したように。いろいろと過去の資料を見せてもらい、ブースを去る頃には思い切って入団することにしていた。

いろいろと書いたけれど、どんな背景があっても、誰がやっていても舞台上で起こることが全てだと思う。重要なのは理由ではなく、今演劇をしているということ。そしてそのうえで何を見せられるかなのではないだろうか。

座組の面々の演劇を始めた理由よりも、私たちが打つ劇を見てほしいのだということが正直な気持ちです。消えてしまう前に。

役者・小道具 青本


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰