消える光をずつと見る


演劇は、舞台上で起こることは、起こったそばから消えてゆく。そして舞台も公演が終われば材木に戻る。ぜんぶ消えてしまうものが限られた回数だけ外に開かれる。だから観に行くような、そんな気がする。

文芸をしている。書かれたものは読み返すことでじわじわと染み込むものだと思っていた。それはそれで好きだった。けれど同時に鮮烈なものに憧れる気持ちがあった。ことばとからだを使う一度きりの表現のことがいつも気になっていた。一時期寺山修司が好きだったことや、平田オリザの本や中村勘三郎の追悼本を読んだことも関係あるのかもしれない。

上京してから、演劇のことが気になりつつ、大学では俳句をやると決めてそれに関わることを意識的に避け続けていた。7月。誘われてままごとの「わが星」を見に行った。衝撃だった。演劇に作り手として関わりたいという気持ちが芽生えたものの、現状俳句で精一杯なのでこのまま関わることはないだろうと思っていた。

2月。ひとつの転機。 文三劇場ならできるかもしれないと思った。そこで劇が作られるまでの段取りを知りたかった。折りよく募集をかけていたESSの新人公演の座組に入った。

4月。台本から作る劇に関わりたいと思う最中。俳句会の新歓でサークルオリエンテーションに来ていた。知り合いがいたなと思い、綺畸のブースを覗く。魔が差したように。いろいろと過去の資料を見せてもらい、ブースを去る頃には思い切って入団することにしていた。

いろいろと書いたけれど、どんな背景があっても、誰がやっていても舞台上で起こることが全てだと思う。重要なのは理由ではなく、今演劇をしているということ。そしてそのうえで何を見せられるかなのではないだろうか。

座組の面々の演劇を始めた理由よりも、私たちが打つ劇を見てほしいのだということが正直な気持ちです。消えてしまう前に。

役者・小道具 青本


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

タイトルが思いつかないことは往々にして起こり得る


劇団綺畸に入った理由は自分でも良くわかりません。

私の友人に演劇系の大学に進んだ子がいまして、その子に感化された様な気もします。
私は舞台観劇が好きで、好きな俳優にお金を使う日々なので、その好きな舞台俳優の見ている世界を少しでも知りたかった様な気もします。
ただ単に目立ちたかっただけな様な気もします(私は元々役者志望でした)。
そのすべてが理由な様な気が、最近はしています。

ここのところ、舞台観劇をする時に役者さんの演技だけではなくて舞台セットや衣裳、チラシ、音響や照明に目が行くようになりました。
劇場に入るとまず舞台セットに目がついて、あぁこの舞台好きだなぁ、とかあの吊り物の意味なんだろう?とか考えます。
幕が上がって役者が出てくると、あの衣裳はきっとこんな構造だな、あの色遣い素敵、とか思います。
劇場綺畸に入る前とは違う観方をしています。

こんな風に演劇を観たかったから、劇団綺畸に入ったのかなぁ、と少し思いました。

そんな私が衣裳をしている今回の新人公演、役者は言うまでもないですがスタッフも力を入れて頑張って準備を進めています。
ご観劇の際にはちょっとでも裏方の仕事に目を向けて下さると嬉しいなぁ、なんて。
目を向けて頂くに値する仕事をしたいです。

衣裳 小島明莉

 

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

アンパンが一番安かった。

中学一年生の春でした。

新しい生活が始まることにわくわくしていた私は、購買でパンを買えちゃうことにもわくわくして、お弁当をしっかり食べたにも関わらずアンパンを買ってみちゃったりして。中1の胃袋には多かったんですよね。

演劇部の仮入部に行ったら発声の先生は新入生が来ていることに気を良くして、腹式呼吸なんて意識したことのない私にも一生懸命教えてくれました。初心者にはちょっとハードだったんですよね。

勢いよくリバース。

まだ消化されていなかったみたいで、出てきたものが元はアンパンだったんだろうなって想像がつくんです。やっちまったと思いました。
今思い返しても信じられません。仮入部に来た1年が真っ青になって吐いた。先輩たちもびっくりですよね。

私がゲロ〜っとやった後の先輩たちの動きは見事でした。雑巾持ってきて、この子を流しに連れて行ってあげて、誰か上着を着せてあげて。
素早い指示と素早い対応。素晴らしい。私は先輩たちからめっちゃお世話されて帰宅しました。

念のためと付き添いでついてきてくれた高1の先輩と二人で帰りました。雑談として他にどんな部活に入ろうと思ってるのって聞かれます。吹奏楽部が気になってますって答えます。
答えたけど、こんなに迷惑かけといて今さら違う部活には入れませんよね。

お昼にアンパンを食べたから、私は演劇を始めました。


佐藤晴香

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海   演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

私ね、彼氏いるの。妻子持ちの。


こんな事を言うと、何なめたこと言ってんだよ、と思われそうですが、

昔から、演じることが、好きでした。


トイレとお風呂をステージに、一人芝居を延々と演じていました。演じている間は、何にでもなれた。自分のなりたいもの、何にだってなれたんです。


今、私は、トイレでもお風呂でもなく、舞台に立っています。
演劇を始めた理由。明確なものはありませんが、ひとつ確かなことは、トイレとお風呂の延長上に、舞台に立っているこの私があるってことです。

今でも時々、トイレの鏡の前で幾度となく繰り返した、あの頃一番好きだったセリフを思い出します。


役者、小道具 笹原花

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海 演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

ちょっと、ここで、一旦。「…あの、」


▼▼

あなたが演劇を始めた理由は何ですか?

…え?

どうしてですか?

…いや…んーっと…なんとなく…かな?

いやいやそれじゃあ答えになってないでしょう。

えー…強いて言うなら…

強いて言うなら?

…自分が存在している意味が分からなくなったから?

うん?

自分が自分である必要性を感じなくなってしまったというか…。

それは…?

あるでしょう…?そういうこと?

そうなんですかね…?

そうでしょう…。例えば、レギュラー制の部活とか。

というと。

例えば、バスケットボール。あなたは、補欠です。

補欠。

そう、補欠。レギュラーにはなれなかった。

なるほど。

あなたは、どうします?

どう…というと…

きっと、レギュラーになりたがりますよね?

そうですね。

頑張れますか?

…レギュラーになれそうなら…

でも、それは、あなたよりも「使える」人が沢山いるってことだ。

…そうですね。

あなたは、今のところ、その穴を埋める為の存在だ。

…はい…

あなたはどうしますか?

え?

頑張れますか?

レギュラー奪ってやる、そう思いますか?

…はい。

逃げませんか?

…?

じゃあ、そろそろ、次の質問に移りますね。

…はい…

あなたが演劇を始めた理由は何ですか?

…え?

▼▼

▼▼

▼▼

さて。

本番が近づいてきました。

「面白くなってきたよ」

なんて言うのは、少し野暮なのかなって

思うこともあります。

「面白い」ってのは個人の感想ですから。

でも、少なくとも、

観に来る価値があるものになる

とは、言えると思うのです。

▼▼

さて。

ブログも折り返しです。

劇団綺畸のブログは、テーマを決めて

劇団員1人1人に書いてもらっています。

これまでのテーマは、

「子供のころ好きだった本」

テーマに忠実な人もいれば、

テーマに全く忠実でない人も。

そして、

劇団員に問いかける。

2つ目の、ブログテーマ。

あなたが

「演劇を始めた理由」

は、何ですか?

演出・野口瑞貴

 


⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

 

無題、あるいは。


何も覚えていないのに、

なぜだか好きな本がある。

 

かいじゅうたちのいるところ

は、私にとってそんな本だ。

 

あらすじはおろか、主人公の少年の名前さえ覚えていないのに、かいじゅうたちのいた島、あの島が、とびきりミステリアスでエロティックで、好奇心溢れる幼き頃の私の心をくすぐったことだけ、そのことだけははっきり覚えているのだ。

 

私はもう、あの島には行けない、

 

 

 

 

行きたい。

 

役者、小道具 笹原花

 

 

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

 

広告を非表示にする

『夜と霧』× 「わたし」=???


高校生が「こども」であるかどうかは物議を醸すところではあるが、実年齢的にも精神年齢的にも未だ「おとな」の自覚のない私としては、その対義語としての「こども」に現在でも当てはまると曲解してこの本を選ぶ。

 V.E.フランクル『夜と霧』

先にも触れたが、私はこの本を高校時代から愛玩している。
愛読ではなく、愛玩である。
その理由は後に述べる。

何の因果か、つい先程このブログの読者になったあなた方の中には『夜と霧』をご存知でない方もいらっしゃると思うので、少し説明しておく。

著者のフランクルユダヤ系のオーストリア人であり、精神科医・心理学者としてウィーンの精神病院で診察・研究を行っていた。
が、時は第二次世界大戦ナチスにより強制収容所に送還された。
極限状況下にあっても、彼は原稿を上着の裏地に縫い付けるなど強固な研究意欲を持ち続け、ついに生き残った。
『夜と霧』は、そんなフランクルが、収容所の惨状、被収容者の生き様を「内側から見た」生身の体験記である。

彼の思想の中心は、「人生の意味」である。
ここに、特徴的な一節を引く。


ここで必要なのは、生きる意味についての問いを180度方向転換することだ。私たちが生きることからなにを期待することではなく、むしろひたすら、生きることがわたしたちからなにを期待しているかが問題なのだ、ということを学び、絶望している人間に伝えねばならない。(中略)生きることの意味を問うことをやめ、わたしたち自身が問いの前に立っていることを思い知るべきなのだ。(中略)生きるとはつまり、生きることの問いに正しく答える義務、生きることが各人に課す課題を果たす義務、時々刻々の要請を充たす義務を引き受けることにほかならない。
(『夜と霧 新版』V.E.フランクル池田香代子みすず書房)


人の存在意義なるものを、その存在如何さえ疑っていた私は、上記のような彼の思想を直ちに受け容れることができた。
受け容れるだけでなく、「自らの思想にどう昇華していけるだろうか」と今でも頭の中で転がし続けている。
これが、私にとっての『夜と霧』が愛玩本たる所以である。

フランクルにとっての人生の意味の具体性・流動性は、我々に希望と絶望を同時に与える。
「人生の意味とは何か、答えよ」という壮大な問いから解放され、イマという小さなクイズを解き続けた先に待つのは楽園か、はたまた奈落か。
そこまで大仰な話ではないにしろ、己の人生からの命令に応え続けることの責務と残酷さは、人類共通のものではなかろうか。

私には、どんな人生を描けるだろうか。
私には、どんな物語を作れるだろうか。
私たちには、どんな作品を生み出せるだろうか。

皆このような心持ちで、公演を打ちたいものである。

 

長文・駄文失礼致しました。

制作1年 あっちゃん こと、川上敦也

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰

劇団綺畸2016年度新人公演

『無題、あるいは歪曲するガラスケースの寓意。』

作 中石海    演出 野口瑞貴

3/18(土) 19:00

19(日) 14:00/19:00

駒場小空間

全席自由席

予約不要・カンパ制

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰